ハワイの植物 4: イプ

 

Aloha! 新井朋子です。
週末はすごい雨でしたね。今日は晴れるのかと思ったら、突然の雨。
まるでスコールのようでした!

 

先日このブログでお知らせした「ティ栽培講座」は、おかげさまで満席となりました。
お申込みありがとうございます!
わたしはカルチャーセンターで、ハーブ教室を10年以上開講してきましたが、特に栽培に力を入れてきました。
なので、年に1回のティ栽培講座は、わたしもとっても楽しみにしています~~(*^_^*)

 

さて、今日のハワイの植物は、イプ。
ハワイ語でイプは、ひょうたんのことです。

20140609

ハワイでは、水やアヴァなど液体を入れる容器として使われてきました。
また、胴の部分を横に切って、大きなボウルにして、器として使われました。
ほかにも楽器としても重宝されます。

 

いまでは、ハワイでは良質のイプが手に入りにくいので、海外(インドネシアだったかな? フィリピンだったかな?)から輸入していると聞いたことがありますよ・ ・・。

 

マウイの植物園にイプがあったので、写真に撮ってきました。

『マナ・カード』を持っているみなさんは、さっそくカードを見てみてください。
何枚かのカードに、イプが描かれています。

こんなふうに栽培されていました。

 

20140609-2

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です