ヒロのカラカウア王像

 

Aloha! 新井朋子です。

今日は肌寒いぐらいでしたね・・・東京では桜も最後。

お花見を楽しみにしていた人は残念な週末でした。

 

 

さて、今日は“メリーモナーク(陽気な王様)”こと、カラカウア王の像のご紹介です! 

ヒロのダウンタウンにある小さなカラカウア・パーク。

大きなバニヤン・ツリーの下に、カラカウア王の像があります。

 

カラカウア王像2

 

ヒロというと、やっぱりカメハメハ大王像のほうが有名で、なかなかこちらまで訪れる人は少ないですね・・・・。

ハワイ王国をつくった王の像と、ハワイ王国最後の王の像がとても近くにあるのですから、ぜひどちらもチェックしてください☆

 

ワイキキのカラカウア通りにも、カラカウア王の像はあります。

あちらの像は見たことがある人は多いのではないでしょうか。交通量の多い中に威風堂々と立っている、という感じです。

一方、こちらヒロでは、カラカウア王はとても静かなに佇んでいる、という雰囲気ですね。

毎年4月に行われるフラの祭典「メリーモナーク」は、当時禁止されていたフラを復活させたカラカウア王のニックネームからつけられました。

ヒロの像は、その王様の功績を称えています。

 

カラカウア王像1

 

右手には土地とハワイの人々を表すタロを、右手には王が復活させたハワイの文化(フラやチャント)を表すイプ(ヒョウタンの楽器)を持っています。

 

そして台座には、つぎのように記されています・・・。

 

ディヴィッド

カラーカウア

1836年11月16日━1891年1月20日

ハワイ最後の王

『太陽が天高くのぼるとき・・・

わたしを見なさい

その炎のしるしによって

わたしだと分かるだろう・・・

そしてわたしの後に続く子孫のことも・・・』

 

 

 


One thought on “ヒロのカラカウア王像

  1. Pingback: フラレア・ハワイアンカルチャー「ハワイ神話講座」 | 新井朋子 オフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です