ブラックサンド・ビーチの、ホヌ

Aloha! 新井朋子です。

昨日、グリーンサンド・ビーチの、ハワイアンモンクシールをご紹介しましたが、その帰り道にぜひ寄っていただきたいのが、ブラックサンド・ビーチです~♪

こちらは文字通り“黒砂海岸”。

緑色の砂のビーチの近くに、黒色の砂のビーチがあるなんて、不思議ですよね~~(*^^)v

 

そしてこちらのビーチでは、たいていいつもホヌ(亀)と会えるのです☆\(^o^)/☆

ホヌ2

真黒い砂・・・そして甲羅干しをするホヌちゃん♡

 

 

ホヌ1

 

かわいい~~♡(もちろん、離れたところから望遠で撮りました)。

ハワイの法律で、ホヌに触ることはもちろんのこと、15フィート(4.5m)以内に近づくことを禁じられていますので、注意してくださいね!

 

 

ハワイアンの家には、それぞれ自分たちを守ってくれるアウマクアと呼ばれる神様がいます。

アウマクアには何十種類もありますが、最も有名なのは、ホヌ(亀)、マノ(サメ)、プエオ(フクロウ)です。

そんなことから、よくハワジュ(ハワイアンジュエリー)などでは、幸運のシンボルとしてホヌのペンダントヘッドなどがデザイされていますよね・・・(一般の人の守り神になってくれているかどうかは疑問ですけれど)。

 

今でも、自分の家のアウマクアはマノだから、サメの歯のネックレスをしているハワイアンもいます。

その一方で、自分の家のアウマクアを知らないというハワイアンもいます・・・それぞれですね。

 

ブラックサンド・ビーチでは、いついってもホヌちゃんに会えます。遠くから眺めているだけでも幸せな気持ちになれる、ということは、やっぱり幸運のシンボルですね☆

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です