ハワイの諺 3: ‘Olelo No’eau

Aloha! 新井朋子です。

ハワイの諺シリーズ「今日の諺:’Olelo Noe’au」です。

 

E  hea  i  ke  kanaka  e  komo  maloko

e hanai  ai  a  hewa  ka  waha.

人を招いて、お腹いっぱいになるまで食べさせなさい。

 

ハワイがとっても居心地がいいのは、もてなしの気持ちがあるからなんですね。

昔からハワイアンは、旅人が通ったら、知らない人でも自分の家に招いて、お腹いっぱいになるまで食事を振るまいました。

そしてゆっくりと休んでもらってから、お土産を持たせて、また旅に送り出したのです。

どんな貧しい人でも、自分が持っているものを喜んでシェアしました。

それがハワイのやり方なんですね。

 

 

大地は神々からの預かり物。

自分たちはその土地を管理している。

そこでとれたものは、自然からの贈りもので、みんなが共有しているもの、そんな考え方なんでしょうね・・・。

すべてはひとつにつながっている、ワンネスという考え方があります。

相手に差し出すということは、自分が与えてもらっている、ということでもあるんですね☆

HELENA'S Hawaiian Food3

昔ながらのハワイ伝統料理。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です