ハワイの人間国宝:ハーブ・カワイヌイ・カーネ氏

 Aloha! 新井朋子です。

今日はハーブ・カーネさんのお話です。

 

ハワイではハーブ・カーネさんの絵を知らない人はいないでしょう。

ハワイ好きなら、きっとこの絵を見たことがあると思います!

 

 

この本はうちの会社から出版しているハーブ・カーネさんの本の日本語版『ペレ ハワイの火山の女神』です。

原書『PELE  Goddess of Hawai’i’s volcanoes』は、1987年に出版されて以来、何度も版を重ねている、ハワイではロングセラーを誇る本です。

 

ペレ ハワイの火山の女神

 

『ペレ ハワイの火山の女神』

ハーブ・カワイヌイ・カーネ著・絵

ホクラニ・インターナショナル刊

 

 

 

ハーブ・カーネさんはアーティスト、歴史家、作家、カヌー研究家です。

彼はワイピオ渓谷で生まれました。

その後、海軍を経て米国本土で絵を勉強しました。

ハワイ文化を研究し、とりわけカヌーや航海術に関する知識は彼の右に出る人はいないほどです。

 

 

ハーブ・カーネさんの研究があったからこそ、ホクレア号のプロジェクトがはじまったといわれています。

昔ながらのカヌーを造り、計器を使わない昔ながらの航海術で、ハワイとタヒチを航海するというプロジェクト。

それはハワイアンが、自分たちの文化は素晴らしいものだということを、外に対して、そして自分たちに対して証明するものでした。

1975年、ホクレア号の初代キャプテンを務めたのも、ハーブ・カーネさんです。

 

 

ほかにもハワイの歴史や文化、神話に関する絵は、多くのハワイ文化を伝える本の表紙を飾ったり、ハワイ各地の史跡の説明板に用いられたり、たくさんの博物館の説明に使われたりしています。

ハワイ文化に興味があれば、必ずハーブ・カーネさんの絵を目にしているはず・・・それぐらい有名な方なんですね!!

 

 

そして彼の功績をたたえて、1984年にハワイの人間国宝に選ばれました

 

 

残念ながら、2011年3月8日に病気のためにお亡くなりになりました。

 

 

『PELE』本の日本語版を、弊社で出版することになったときに、何度かハーブ・カーネさんとメールをやりとりさせていただきました。

原書に忠実に、まったく同じ大きさ・デザインで日本語版を出したいというわたしたちの提案に賛同していただき、日本語版を出版することができたのです。

この本の日本語版を、うちの会社で出版することができたのは、とても名誉なことだと思っています!

 

 

 

こちらは、ハワイ島キラウエア火口縁にあるジャガー・ミュージアム

女神ペレが住んでいるキラウエア火口内のハレマウマウに向かって、このハーブ・カーネさんの絵が飾られています。

 

ジャガーミュージアム「ペレ」

 

 

そしてミュージアム・ショップでは、日本語版『ペレ』を扱っていただいています。

原書『PELE』と並べられています~~☆

 

ジャガーミュージアム「ペレ」2

 

 

ペレが住むキラウエアのミュージアムで、日本語版を扱ってもらうことになったときに、ハーブ・カーネさんにメールでご報告したんですね。

そうしたら、とても喜んでいると返信をくださいました。

ぜひ一度お会いしたかったです・・・・。

 

 

 

そしてワイキキにも、ハーブ・カーネさんを偲ぶ場所があります。

 

 

「アウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチ」。

 

 

ハワイの伝統文化が感じられる、シックなホテルです。

わたしはワイキキにステイするときには、このホテルが多いですね~~(*^^)v

 

 

こちらは座ってチェックインするのですが、その後ろの壁には、ハーブ・カーネさんのアウトリガーカヌーの絵がずらりと並んでいるのです~~☆

 

アウトリガーオンザビーチ

 

 

こちらのホテルのロビーには、ハワイ文化を紹介するコーナーがあるんですよ!

カヌーが展示されていたり、オール、コアウッドのボウル、ほら貝、昔の武器などが飾られていて、ちょっとしたミュージアムのようです。

 

アウトリガーオンザビーチ2

 

 

ロビーに飾られているこのオールには、ハーブ・カーネ氏を称えて名前が刻まれています。

  カーネさん。パドル

 

そして写真も飾られています。

 

ハーブ・カーネ氏

 

ハーブ・カーネさんの功績は、これからもずっと称えられることでしょう。

 

カーネさんの作品はこちらのHPで見ることができます。

数々の素晴らしい絵を見てみてくださいね。

昔のハワイアンの暮らし、カメハメハ大王をはじめとする歴史上の人物、有名な戦争の様子など、とても勉強になります☆

Herb Kawainui Kane


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です