今日のマナ・カード: 38番「パパ&ワーケア」

Aloha! 新井朋子です。

今日のカードは「パパ&ワーケア」です☆

パパとワーケアには、つぎのような神話が伝えられています・・・。

 

 

パパは、大地の女神。

ワーケアは、天の神。

ふたりの神から、ハワイ島、マウイ島、カホオラヴェ島が生まれました。

 

パパが神々の故郷に里帰りしているあいだに、ワーケアはカウラという女性との間にラナイ島を、ヒナとの間にモロカイ島をもうけます。

 

ワーケアの浮気を知ったパパは、あてつけのために、ルアという若者との間にオアフ島を生みました。

 

その後、ふたりは仲直り。カウアイ島とニイハウ島が誕生しました。

 

こうしてふたりの神から、ハワイ諸島が誕生したわけですが、それと一緒に、喜び、楽しみ、怒り、悲しみ・・・などの感情も生まれたといわれています。

 

 

 

すごい話ですよね!?

 

 

そこがハワイ神話の面白いところ。

この話は、ハワイ諸島と一緒に、さまざまな感情も生まれたというところがキーです。

 

 

感情には良し悪しはありません。。

 

 

わたしたちは日々生活をする中で、いろいろな感情を抱きます。

 

わたしたちは感情によって行動しているといっても過言ではありませんよね。

 

物事はもともとニュートラル。良し悪しはありません。

 

その物事を、わたしたちがどう捉えるか、どんな感情を抱くかによって、自分にとってその出来事が良いのか悪いのかを決めているだけなんですね。

 

 

このカードは、新しいものを生み出すカード

そのときに出てくる、さまざまな感情にも目をむけてあげるといいですね☆決してジャッジしないでくださいね!

 

 

神様だって、いろいろな感情にかられるんですから、

わたしたちだって、そうであってもおかしくありません。

 

ハワイ神話は本当に奥深いです☆彡

?;

伊豆大瀬崎にある神秘的な神池。

 

 

マナ・カード表紙

『マナ・カード ハワイの英知の力』

キャサリン・ベッカー著

ドヤ・ナーディン絵

新井朋子訳

ホクラニ・インターナショナル刊

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です