ヘエ・ナル:ハワイ語でサーフィンのお話

Aloha! 新井朋子です。

大人女性のあなたへハワイ神話と自然療法について、毎日ブログ更新中!

 

 

今日、東京では気温27℃。

この時期にしては、涼しかったですね~~。

夕方から、久しぶりにロングウォークをしましたよ(約1万歩)。

夏は、暑さで長い散歩がなかなかできないので、今日は嬉しかったです☆

 

 

 

いま、ホクラニでは、「マナ・カード」のベーシック・コースを開講しています。

先日の講義の中で、「ヘエ・ナル」のお話をしました。

 ヘエ=すべるように進むこと。

 ナル=波

「ヘエ・ナル」は、サーフィンのことです☆

 

 

サーフィンは、もともとハワイでは神聖なことだったんですね。

カフナ(聖職者)が木を選び、チャントを唱えて木を切り倒し、職人がボードを作ります。

はじめて海に用いるときも、チャントを唱えました。

王族が使うボードは、特別なものでしたし、王族しかサーフィンできない場所というのもありました。

 

 

白人がハワイにやってきて、ハワイアンがサーフィンをする姿を見て、とても驚きました。板の上に乗って、自由自在に海の上を進んでいる様子を記した日記が残されています。

白人がハワイアンの文化を弾圧するようになってからは、ハワイアンもサーフィンを行うことがほとんどなくなったそうです。

 

ハワイの伝統的なヘエナルが復活したのは、ハワイアンのデューク・カハナモクの功績によります。

もともと彼はワイキキで育ち、子どものころからサーフィンが得意。

ビーチボーイとして活躍していました。

そんな彼がオリンピック選手として選ばれて、1912年のストックホルム・オリンピック、さらに1920年のアントワープ・オリンピックで、水泳の金メダルを獲得、1924年のパリ・オリンピックでは銀メダルを獲得するという、世界的に超有名なスイマーになりました。

 

 

彼の活躍のおかげで、もともと彼が得意だったサーフィンが世界中に知られるようになり、多くのサーファーが誕生するにいたったのです。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クヒオ・ビーチにあるデュークさんの銅像。

ワイキキに行ったら、かならず見ますよね!

 

 

☆   ☆   ☆

 

新井朋子 「E Ala E! 個人セッション」

<あなたを理解して、最高のあなたを引きだす> 

アラフォー&アラフィフ以上の大人女性を、ホリスティック(心・体・スピリット全体)にケアする、マンツーマンで行う、個人セっション。

心と体の健康のアドバイスの上、

人生の目的を明らかにして、邁進できるようサポートします。

詳細・お申込みは こちらのページ をご覧ください。

 

★あなたのハートからALOHAを世界に、そして世界からALOHAを受け取る・・・・。

オリジナルブランド『mana*createハワイアン・ジュエリー、アロマペンダント』 はこちらのページです。

 

★無料メールマガジン配信中!

メルマガだけの「ALOHAの秘密 番外編」をお送りしています。

大人女性のみなさんが、より幸せに生きるヒントです!

ご希望の方は、HPトップページの一番下に、メルマガ登録のフォームがあります。

メールアドレスとお名前(ニックネームでOK)を入れてくださいね!

mana*createトップページ

必ず返信をしておりますが、万が一返信がない場合は、お手数ですが直接メールをお願いいたします☆

info@araitomoko.com

 

★LINE@ お友達申請くださいね!

QRコードを読み取って、お友達申請お願いします。

井朋子 mana*create

line://ti/p/@vta1880s

IMG_2422


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です