今日のマナ・カード: 35番「MAUI マウイ」 エピソード編

Aloha! 新井朋子です。

ハワイ神話と自然療法について、毎日ブログ更新中!

 

願いが叶う『mana*createハワイアン・ジュエリー、アロマペンダント』 はこちらのページです。

 

*   *   *

 

 

今日はお友達とエンターテイメントのライブにいってきました~☆

たまには上質な大人の夜遊びもいいですね!

 

 

 

さて、昨日、「マウイ」のカードのお話をしましたが、「マウイ」のカードについてのエピソードを思い出したので、ご紹介しますね!

 

 

 

「マナ・カード」を翻訳したときに、ちょっとした表現を著者に質問したりしていたのですが、

翻訳が終わって、日本語版が出たあとも、メール等でいろいろ質問していたことがありました。

 

 

「マナ・カード」は、やっぱり神がかっているカードなんだぁ~と思うことがたくさんあるんですよね。

そのうちの1つのエピソードが、この「マウイ」のカード。

 

 

 

著者のキャサリン・ベッカーが、本の校正をしたときに、「マウイ」の解説のところで、ある文の最後に「.(ピリオド)」が抜けていたのに気づいたそうです。

 

 

ピリオドがないというのは、日本語でいえば、「。」がないわけですから、どうにもしまりがないわけですね。

 

 

そのままにするわけにもいかないので、そのページの版をつくりなおしたんだそうです。

もちろんその分、お金もかかったそうです。

 

 

 

そんなことがあって、しばらくしたら、なんと自分が妊娠していることに気づいたんだそうです!!!

 

そこで、キャサリン・ベッカーは「やっぱり、だからマウイなのね」と思ったそうですよ。

 

 

 

なぜだか分りますか?

 

 

 

「ピリオド」がなかった・・・・・。

 

 

英語でピリオドは「生理」のことを意味するんです。

 

 

 

つまり、妊娠しているということ。

 

 

さすが「マウイ」!

 

 

 

「マウイ」は、“トリックスター”。

 

 

トリックスターというのは、いたずら者というような感じでしょうか。

古い伝統をかき乱すような、トラブルを引き起こすけれど、悪意というよりも、半ば楽しんでいるような雰囲気かな?

 

 

 

マウイは、文章の「ピリオド」をなくすことで、赤ちゃんがいるよ!ということを教えてくれてたんですね。

 

 

「マナ・カード」には、こんなエピソードが、たーーくさんあるようです☆

 

 

さすが、火山の女神ペレが、GOサインを出したカードだけあります。

 

 

「マナ・カード」を引く方は、みんなハワイの神様のサポートを得られていると、わたしは思っています\(^o^)/

 

 

これからは、もっともっとそのことを意識してみてくださいね!

 

 

☆    ☆    ☆

%e3%81%8a%e5%a4%a7%e7%a6%8f

美味しい京都のお大福をいただきました!

ご馳走様です・・・(*^_^*)

わたしは夜帰ってから、どうしても食べたくなって食べてしまいましたよ・・・美味しかった☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です