ALOHAの秘密 72: 揺り戻し・・・それは終わりのサイン

Aloha! 新井朋子です。

ハワイ神話と自然療法について、毎日ブログ更新中!

願いが叶う『mana*createハワイアン・ジュエリー、アロマペンダント』 はこちらのページです。

 

 

☆   ☆   ☆

 

 

そろそろ忘年会のシーズンですね。

今日あたり、街は賑やかでしょうね・・・・。

わたしは朝は、HRNフラワーエッセンス製造者のメリアさんとスカイプ会議をして、それから地味~に、仕事とセミナーの復習をしていました。

いけない、いけない、働き過ぎたわ。

そういえば、最近、映画を観てなかった・・・・年内に何本観られるかな?

 

 

 

さて、今日は「揺り戻し」について。

 

 

このブログを毎日読んでくださるみなさんは、きっとこんな経験あると思うんです。

 

 

あることについて、

自分はもう乗り越えたはずだと思っていたのに、

もう気づいたと思っていたはずなのに、

もう終わったはずだと思っていたのに、

また同じようなことが起こった・・・・なんで? なんで? と。

 

 

そうなんですよね。

いつも繰り返すパターン。

その原因に気づいて、もう自分では十分に分かったはずだと思っていたのに、また同じことが繰り返されている・・・・。

 

 

そんなとき、混乱したり、自信をなくしたり、

やっぱりわたしはダメなんだと悲しくなったり、、

あるいは、なんでまた!!!と腹を立てたりするかもしれません・・・・。

 

 

 

心配しないで、それは「揺り戻し」なんです。

 

 

 

「揺り戻し」っていうのは、前の場所にいたところから、つぎのステージにエイっとばかりに移ってきたので、その反作用みたいなものなんです。

 

 

ブランコに乗ってたときのことを思い出してみてね。

 

 

はじめにブランコに腰をかけて、足が届くかぎり後ろに下がってから、足を離しますよね。

そうすると、反対側の同じ高さのところまでいくはずです。

そのまま、ブランコをこがないでいると、だんだん降り幅が小さくなって、やがて止まります。

 

 

いま、あなたは、自分のパターンに気が付いたとします。

そのとき、大きな降り幅で反対側にいきました。

でも、反作用で、またこちら側に戻ってくる・・・・そのときに、また同じパターン!と思ってしまう、というわけです。

 

 

実はちょっと違うんです。

自分のパターンに気づいて、大きな降り幅であちら側にいったときに、あなたはピョーンとブランこから飛び降りて、つぎのステージの上に立っているんです。

でも、あなたの乗っていたブランコは、反作用で今までいたほうへもどっている。

あなたはそれを振り返ってみている。

つまり、また同じパターン!と思っている出来事は、幻なんです。

 

 

 

なので、また同じパターンが戻ってきたように思ったら、

「なるほど、これが揺り戻しね」としばらく静観して見守っていてください。

その出来事は、自然に消えてしまうでしょう☆

 

 

もうあなたはすでに次のステージに立っています。

 

 

「揺り戻し」は、あなたがいままで座っていたブランコを振り返ってみているだけのこと。

 

 

「ブランコ、サンキュー!」

そう声をかけて、前を向いて歩きはじめましょう☆彡

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タヒチを代表するティアレのお花。甘い香り。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です