お勧めハワイ本 13:『The Queen’s Quilt』

Aloha! 新井朋子です。

昨日はフラレアさんでのハワイアンカルチャー『ハワイ神話講座』でした。

 

テーマはリリウオカラニ女王のつづきと、ヒロの街について。

 

昨日の講座の中では、リリウオカラニ女王が、イオラニ宮殿で幽閉されていたとき作ったキルトについて説明しました。

 

queen's quilt

 

ハワイの歴史はまったくはじめて、という方にちょっと説明を加えます・・・・。

リリウオカラニ女王の時代には、すでに欧米からたくさんの人たちがハワイの政治や経済にはいってきていたので、カメハメハ大王が築いたような、王様に絶対的な権力があるという状態ではなくなっていました。

そんな中、王権復古を臨むリリウオカラニ女王と、自分たちのビジネスを優先に考えるアメリカ寄りのビジネスマンたちとの対立は激しくなり、ビジネスマンたちはハワイを米国に併合させようとする治安委員会を結成します。

そして治安委員会はクーデターをおこし暫定政府を樹立。

リリウオカラニ女王は米国本土に事実調査を依頼し、その間は一時的に退位します。

一方で、ハワイアンを中心とする王制支持者たちは黙っていません。

武器を調達して、クーデーター返しを試みようとしました・・・・。

けれどもその企ては発覚してしまい、首謀者ということでリリウオカラニ女王は捕まり、イオラニ宮殿に幽閉されてしまったのです。

 

 

このキルトは、その幽閉されていた間に、侍女たちと作ったものなのです。

 

 

実際にイオラニ宮殿には、女王が幽閉されていた部屋に、このキルトが飾られていますので、ぜひ機会があったら、ご自分の目で見てきてくださいね☆

 

 

キルトといっても、わたしたちがイメージするハワイアン・キルトではありません。

当時ヨーロッパではやっていた、クレイジー・キルトという技法です。

はぎれをいろいろな形にカットしたものをつなげていき、それぞれを刺繍で縁取りするやりかたです。

 

 

全部で9枚のピースをつなぎわせています。

この本には、各ピースの写真と解説がのっています。

各ピースには、女王の近しい人たちの名前が刺繍されていたりします。

そして中央のピースには、大切なメッセージが・・・・

 

 

?;

 

これは中央のピースの写真と、その説明です。

女王の生まれた日にち、戴冠した日にち、王朝転覆の日にちなどが刺繍されています・・・。

そして幽閉されて、ここでキルトをスタートする・・・と記されていました(涙)

 

 

フラレアさんの神話講座にいらしていた生徒さんが、ハワイに留学にいってらっしゃるんですが、この本はいま在庫切れだとか・・・。

どこかハワイの本屋さんでも見かけたような気がするんですけれど・・・探してみてくださいね☆

 

 

queen's quilt

 

『The Queen’s Quilt』

The Friends of ‘Iolani Palace

 

☆  ☆  ☆

フラに役立つ ハワイ神話(全3回)NEW

フラソングに関わる神話をやさしく丁寧に解説します。初めてハワイ神話に触れるという方も安心してご受講できます。新井朋子先生の著書「ハワイの神話 モオレロ・カヒコ」をテキストに使用します。

講師:フラレア連載ページ「モオレロ」筆者 新井朋子

<テーマ>
1回目:ペレにまつわる神話
2回目:マウイにまつわる神話
3回目:ナウパカにまつわる神話

● 11/24、12/22、1/19(火)
● 19:00〜20:30(90分)

【受講料】9,720 円(全3回)

詳細はフラレア・ハワイアンカルチャーをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です