冬至&新月に引く「マナ・カード」

Aloha! 新井朋子です。

今日は冬至。一年で夜が一番長い日です。
この日を境に、少しずつ昼が長くなっていきます。
闇がどんどん深くなり、闇が極まったときにそこから光が生まれ、
そしてだんだんと光が増えていく・・・太陽の復活をあらわすそうです。

 

しかも今日は、山羊座で新月を迎えます。
新月も、これからだんだん満ちていくはじまりを表し、
はさまざまなタイミング、スタートを意味します。

 

この冬至と新月が重なるというのは、まさに19年振りということで、新しい時代のはじまりをあらわします。
太陽の復活と、月の復活がかさなる、
まさに切り替え、タイミング、新しいスタートの時なんですね!

 

そこで早速、この特別な日に、これからの新しい時代を象徴する「マナ・カード」を引いてみました。

 

カードは、『ヒナ』。
カードの意味は“養い”です。

 

『マナ・カード ハワイの英知の力』
キャサリン・ベッカー著
ドヤ・ナーディン絵
ホクラニ・インターナショナル刊

 

これからは心や身体、そして本当に大切なことを見極める時代なのだと思います。
女性性をもっと見直す、競争社会ではなく愛情をもっていたわりあう社会を築く、
精神的な成長を尊重する、そんなことが感じられますね。

 

ともに栄え、ともに豊かな人生を歩めるような社会になってほしいですね☆
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です