ハワイの植物 9: レフア & フラワーエッセンス

Aloha!  新井朋子です。

今日はレフアのお花について・・・。

ハワイ好きな方はご存知だと思いますが、この赤いお花は火山の女神ペレに捧げられているお花です。

 

溶岩が噴火して、あたり一面が溶岩台地になったあとに、

一番最初に芽を出すのが、このレフアとシダです。

まだ土がない状態で芽を出すのですから、とても生命力の強い植物です。

 

この赤いレフアは、ハワイ島のシンボルのお花にもなっています。

ほかにも、オレンジ色、黄色、白色など、いろいろな色合いのお花があります。

わたしはまだ白色のレフアを見たことがないので、ぜひ一度見てみたいなあと思っています。

 

レフアの花

このレフアのお花からつくられたフラワーエッセンスがあります。

フラワーエッセンスとは、アロマとは異なり香りはありません。

 

お花を水に浮かべて、そのお花のエネルギーを水に転写したものです・・・ちょっと分かりにくいかもしれませんね。

お花を見るだけで、元気をもらえますよね。

そういった目には見えないパワフルなエネルギーを、お花はもっているわけです。

フラワーエッセンスは薬ではありません。法律的には食品になります。

感情に作用しして、感情のバランスをとってくれるものです。

 

例えば、誰かに言われた一言が忘れられない、ついきついことを言ってしまう、忙しくて頭の中が混乱してしまう、やる気がおきない・・・などなど、日常誰もが感じる感情があります。

良いとか悪いとかではなくて、自分にとって、この感情のバランスをとりたいと感じるときに、自分で選んで飲むことができます。

 

フラワーエッセンスは、今から80年ほど前に、イギリスの医師エドワード・バッチ博士が完成させた自然療法です。

バッチ博士は、当時の医学の限界を感じ、さらに100年以上前にドイツの医師サミュエル・ハーネマンが確立させたホメオパシーを学び、そこから独自の方法を編み出しました。

それがフラワーエッセンスです。

 

作り方が簡単なこと、そして副作用がないということで、世界中で用いられるようになりました。今でも世界中で愛用されています。アメリカのオーガニック・スーパーなどにもありますし、日本でも東急ハンズなどでも扱っていますよ。とても身近なものなんですね。

 

さて、話はレフアのフラワーエッセンスに戻りますが、

常に溶岩が噴出し、日々島が大きくなっているハワイ島。そのハワイ島の、人間が足を踏み入れない熱帯雨林の中に咲いているレフアで作られています・・・・

なので完璧なエコシステムの中にある、人間の影響を受けていないお花から作られているわけです。

 

優しく、しかもパワフルなのが、このフラワーエッセンスの特徴です。

 

Lehua

 

そしてこのレフアのフラワーエッセンスは、「感じる」というのがテーマ。

自分の本当の感情を知る、ということがキーになります。

そして第一チャクラに対応しています。わたしも大好きな一本です☆

 

ハワイでこのフラワーエッセンスを作っている製造者のメリア・グッドナウさんが、3月に来日して、セミナーを行います。

興味のある方はぜひきてくださいね~~!

 

メリア・グッドナウ来日講演: 

2015年3月21日(土) 14時~16時45分
~メリア・グッドナウによる~HRNフラワーエッセンス基礎講座

2015年3月22日(日) 13時30分~16時45分
メリア・グッドナウ来日記念講演「BIG ISLAND ALOHA!」

HRNフラワーエッセンス・スクール日本校

 

フラワーエッセンスご購入はこちらです: ホクラニ オンラインショップ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です