ハワイの植物 15: 銀剣草

Aloha! 新井朋子です。

今日の植物は、銀剣草

英語名だと、シルバースウォード

ハワイ名は、アヒナヒナ(Ahinahina)

ハワイの固有種です。

 

 

 

銀剣草は、標高1100以上の場所にしか自生しない、珍しい植物です。

ハワイでは、マウイ島のハレアカラ山でしか見ることができません。

 

 

この銀剣草、とっても時間をかけて育ちます・・・・発芽してから20年~50年かかって成長し、やがて茎をのばして花を500個ほどつけます。

そして一度花を咲かせたら寿命を終えます。

人間からみたら儚い感じがしますが、銀剣草からみたら、成長するまでの時間も大切な時間なんでしょうね~~。

 

 

ハレアカラ山には、さまざまな大きさの銀剣草があります。

お花を咲かせているものと出会えたら、ラッキーですね☆

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

細長い銀色の葉をもつ銀剣草(ギンケンソウ)。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日を浴びている銀剣草。

ハレアカラ頂上近く。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

茎をのばして花をつけているところ。

このあと、この株は命を終えるんですね。

ハレアカラ頂上近くの駐車場脇で。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です