農作物の安全を考える: わたしたちができること☆

Aloha! 新井朋子です。

ハワイ神話と自然療法について、毎日ブログ更新中!

 

 

GW明けの月曜日。

東京は28℃。夏のような暑さでしたね!

今日はサンダルで出掛けましたよ。

 

 

さて、みなさんも食べ物に気を使っていらっしゃると思います。

You  are  what  you  eat.

あなたの体は食べたもので出来ている・・・つまり、健康は食べ物で決まる、という諺です。

食事の内容もさることながら、いまは農作物や家畜自体が問題なのですよね。

 

 

ご存知のとおり、一般のニュースでは伝えられないことが、たくさんあります。

先日、「豊受自然農」のお知らせに、「主要農作物種子法」廃止法案が成立したとありました。

日本の農作物の安全性がますます失われていくことになるでしょう・・・。

 

 

これまでは、米、麦、大豆などの主要農作物の種子の安定供給や、原種の種子の保存を都道府県が行ってきたそうです。

ところがこの法律が廃止されると、都道府県に頼ることがなくなり、農家は自家採種で種をとり、自分たちで種の保存をやっていくか、あるいは種子会社から種を買うかの、どちらかになるというわけです。

 

 

種子会社の種は、遺伝子組み換えしているので、一代しか実がならないものや、たとえ種ができても翌年に同じような実がならないようになっています。

つまり農家は、種子会社から毎年種を買い続けなければならない、というわけです。

そして種子会社は、種だけでなく、化学肥料と農薬をセットで売ります。

それらを使わなければ、うまく育たない種子を売るわけですね。

 

 

ご存知のように、遺伝子組み換えの作物の安全性については大きな疑問があります。

今のところ日本では、遺伝子組み換えの作物を使っている場合は表示義務がありますが、その表示義務がなくなれば、おそらくほとんどすべてが遺伝子組み換えになるでしょう・・・。

日本の各農家が、昔ながらのように古来から作られてきた作物を自家採種で作り続けていく、つまり種を守っていかないと、日本の農作物の安全性は守られないということです。

 

 

まずは、わたしたち一人ひとりが、できることからはじめましょう。

自家採種の作物を買う、遺伝子組み換えの作物や食品を買わない、自ら情報をとりにいく・・・

遺伝子組み換えの作物と、遺伝子組み換えの飼料で育てられてホルモンと抗生物質を打たれた家畜の肉を食べ、自然治癒力によって表に現れた症状は薬で抑圧するなんてことのないように、大人女性のみなさん、心眼をいつもクリアにしておきましょう。

次の世代が安心して暮らせる世の中にしたいですね・・・。

 

 

?;

豊受自然農の野菜たち~☆

 

 

 ☆   ☆   ☆

 

★新井朋子 <あなたを理解して、最高のあなたを引きだす>大人女性をサポートする個人カウンセリングの詳細・お申込みは こちらのページ をご覧ください。

 

★あなたのハートから世界に向けてALOHAを広げ、世界からALOHAを受け取る・・・・。

オリジナルブランド『mana*createハワイアン・ジュエリー、アロマペンダント』 はこちらのページです。

 

★無料メールマガジン配信中!

メルマガだけの「ALOHAの秘密 番外編」をお送りしています。

大人女性のみなさんが、より幸せに生きるヒントです!

ご希望の方は、HPトップページの一番下に、メルマガ登録のフォームがあります。

メールアドレスとお名前(ニックネームでOK)を入れてくださいね!

mana*createトップページ

登録された方にはお返事差し上げています。

もし返信がなかったら、お手数ですが直接メールをお願いいたします☆

info@araitomoko.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です