今日のマナ・カード: 38番 パパ&ワーケア

Aloha! 新井朋子です。

東京もぐっと涼しくなってきましたね。

さあ、子どもたちは夏休みの宿題に追われているころでしょう~~ガンバレ!

 

 

さて今日のカードは38番パパ&ワーケアです。

 

 

パパは大地の女神、ワーケアは天の神。

二人の間にハワイ島、マウイ島、カホオラヴェ島、カウアイ島、ニイハウ島が生まれました。

ワーケアとパパは、それぞれ別のパートナーとの間に、ラナイ島、モロカイ島、オアフ島をもうけました。

ハワイ諸島はこうして誕生したわけですが、それと同時にさまざまな感情も一緒にうまれたんですね。

喜び、楽しみ、嫉妬、怒り、寂しさ、恨み、寂しさ、同情、慈しみ・・・。

 

 

カードの意味としては、何か大切なものを生み出すときを表します。

ハワイ諸島が生まれたように、何か自分にとって重要なときなのかもしれませんね~~☆

もちろん、そういうときは感情が揺さぶられることもあるでしょう。

 

 

ハワイの大地とともに生まれた私たちの感情・・・それは尊いものなんですよね☆

 

 

感情に良し悪しはありません。

もちろん、怒りや悲しみよりも、喜びのほうが好きですけどね!

自分の中からわきあがる感情は、怒りも悲しみもあっていいんですよね。

だから否定したり、抑圧したりしないでくださいね。

 

ただその感情を感じれば、自然に手放せるようになります・・・・☆

 

 

感情を感じることと、その中にはまりこんで抜け出せなくなることとは別のことです。

感情を感じることは自分の中に視点をおいて、そこから物事を見ているわけですが、同時に自分の外にも視点をおいて、そこから自分を客観的に眺めると、そこにはまり込んで抜け出せなくなるということはありません。

 

 

この世に肉体を持って生れてきたということは、感情を感じるということもひとつの目的でもあるんですよね。

大きく心が揺さぶられたときは、別の見方をすれば、ハワイ諸島を生み出すような大きな創造を行う時期なのかもしれないなど、別の解釈もできることを思い出してくださいね。

 

サウスポイントへの道

ハワイ島サウスポイントへ向かう道。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です