JPHMAホメオパシー学術大会コングレス第1日目

Aloha! 新井朋子です。

今日は、日本ホメオパシー医学協会の学術大会コングレスが開催されました~~☆

テーマは「病気にならない生き方 食を見直し、心を癒そう」

 

大会長である由井寅子先生があみだした、ZENメソッドで改善したという、ホメオパスによるケース紹介、インナーチャイルドセラピストによるケース紹介がありました。

健康被害が大きな社会問題になっている、子宮頚がんワクチン。

その被害の実態やなぜ被害をとめられなかったかについて、日本全国で講演を続けている弁護士の方の講演につづき、

由井先生による、子宮頚がんワクチン病のホメオパシー治療の発表がありました。

子宮頚がんのワクチンの被害の中でも重症な例は、脳神経に影響があり、付随運動や意識障害などが水俣病の症状とそっくりです。

はじめてDVDで症状をご覧になったかたはショックを受けたと思います。

でもそれが現実なんですよね。

10代の少女たちの未来が奪われてしまっています。

どうか娘さんをお持ちの親御さんは、みんながやっているからではなく、接種する前に副作用などを調べて、実態を知ってください。

また、JPHMAでは、子宮頚がんワクチンの健康被害にあっている方には無料で相談会をおこなっていますので、ぜひご相談ください・・・。

JPHMAコングレス

『ホメオパシーヘルプ』自然療法体験談&アドバイス

 

?;

由井先生の発表。

7月の強化学習の補講を受けなくちゃ・・・と思うのでした。

 

?;

ここ3年ぐらい、毎年もらえるエコバック。

Similia
Similibus
Curantur

 

ホメオパシーの基本原理。

「似ているものが似ているものを治す」

わたしは会社に行くときなど、いつもサブバックとして使っています~~☆

密かに、ホメオパシーの基本原理を主張しています。

 

 

?;

毎年、同期生に会えることが本当に楽しみ!!

CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)の前身である、RAH(ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー)の6同期生(2006年卒業)です。

豊受自然農で野菜をつくっている同期生と、名古屋と東京でホメオパシーセンターをしている同期生・・・ホメオパスになって10年目。みんなすごい!

 

 

?;

豊受の製品は、もちろんホメオパシーのレメディーやチンキ、ハーブで育てた無農薬・無化学肥料の野菜でつくられています(*^^)v

だから安心&エネルギーが高い☆ 

本当に食べてみてください。

野菜の持つエネルギーが全然違うのですよ☆

 

 

?;

今日は、からし菜、そばのスプラウト、お味噌を購入。

そばのスプラウトは、ちょっと酸味があって、大自然の力強さを感じます。

このお味噌は大好きでよく買います・・・しょっぱくなくて、とても美味しいので、お味噌汁よりも野菜のディップにつかったりします。

夜食用のちららし寿司もおいしかった~~☆ 

明日は、お昼のお弁当を予約しているので、とっても楽しみ~~。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です