ハワイの聖地: ハレ・オ・ロノ・ヘイアウ

Aloha! 新井朋子です。

 

今日はオアフ島東部ワイメア渓谷の入り口にある、「ハレ・オ・ロノ・ヘイアウ」をご紹介します~☆

 

 

ワイメアの谷はとても豊かな土地で、昔は大きな集落がありました。

タロをはじめとする様々な農作物が植えられ、近くの海ではたくさん魚が捕れたそうです。

 

 

昔は、ワイメア・フォールズ・パークという古代ハワイのテーマパークがありました・・・滝壺に飛び込むアトラクションが人気でしたね。

行ったことのある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか??

 

 

現在は非営利団体が管理していて、昔ながらのハワイの自然や遺跡の保護に力を注いでいます。

Waimea Valley

 

 

このヘイアウは、Waimea Valleyの入り口にあります。

農業と豊穣の神ロノをまつるヘイアウ(神殿)。

11~12世紀に造られたそうです。

 

ロノ神は、ハワイの神々の中でも最高位の四人の神様のうちの一人。平和、農耕、豊穣の神様で、農業に関する天気も司ると言われています。

 

 

ヘイアウは、ハワイアンにとっては大切な場所。

このヘイアウは、行きやすい場所にあるので、ハワイ文化を学びたいと思う方がいらしたら、ノースのほうへドライブへ行くときには、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハレ・ノ・ロノ・ヘイアウ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.