たまには乙女な時間を:「弥生美術館・竹久夢二美術館」

Aloha! 新井朋子です。

この週末はお天気で、ちょっと暑かったですが、気持ちよかったですね。

わたしは今日はカウンセリングに関するお勉強をしてきました。

学び続けることは大切ですね☆

 

 

 

さて、先日、友人の誘いで、竹久夢二美術館に行ってきました。

夢二といえば美人画のイメージしかなかったのですが、今回、美術館でいろいろ見ているうちに、これまで抱いていたイメージがいかに偏っていたかを知りました。

アート&デザインも手掛けていて、日本画、企業広告、テキスタイル、絵本、雑誌の挿絵などなど、幅広い活躍をしていたんですねーーー。

わたしが興味をもったのは、デザイン分野。

色、形、線、モチーフなどなど、懐かしく新しい感じに魅了されました~~☆彡

特に色合いが好き。

どこか北欧にも通じるような感じがしました。

 

 

お客さんの中にも、大正ロマンに魅せられた方たちが、“かあいい”着物でいらしていましたよ。

男の人も何人も来ていましたね。

夢二ファンなのか、当時の着物の雰囲気が好きなのかは不明ですが、熱狂的なファン層がいるんだなと思いました。

知らない世界でした~~(*^_^*)

 

 

夢二カフェ

入り口付近。弥生美術館と竹久夢二美術館は中でつながっています。

入場料900円。じっくり見ると、結構時間が必要です。

 

 

夢二美術館

3カ月ごとに企画展がかわります。

またゆっくり見たい~♪

 

 

夢二美術館2

いろいろ知ると、夢二の美人画の味方も変わってきました。

 

 

弥生美術館

乙女心を魅了する企画展が目白押し。

つぎは「原田治展」だそうですよ!

高校時代、買ってましたねーー。懐かしすぎます~~~また行かなくちゃ。

 

 

ミュージアムショップは、乙女心をくすぐる商品がたくさん!

本も充実していました。

昔の少女を魅了してやまない“かあいい”ものを紹介した本を、ぱらぱらめくりながら、心の中できゃあきゃあ言ってました。

少女雑誌のふろくを紹介している本。

「りぼん」の全員プレゼントのページには、陸奥A子さんのレターセットなどの写真が・・・・感激でした☆

 

お時間あるときに、ゆっくり訪れてみてくださいね!

 

弥生美術館・竹久夢二美術館


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.