ハワイの諺 18: ‘Olelo No’eau

Aloha!  新井朋子です。

春だというのに、まだまだ寒い日が続きますね。

この3日間、わたしは一番暑いダウンを着ています・・・もうそろそろ薄着したい気分ですけれどね。

 

 

 

庭仕事が好きな人は、むずむずしていることでしょう。

でも、種まきはもうちょっと待ってくださいね。

日差しは明るくても、気温はまだ低いので、4月半ばごろまで待ちましょう。

だいたい八重桜が咲くころまで、お預けですね。

 

 

 

 

さて、今回のハワイの諺シリーズ「今日の諺:’Olelo Noe’au」。

 

‘A’ole  e  ‘olelol  mai  ana  ke  ahi  ua  ana  ia.

 

火は満足することは決してない。

 

 

 

怒りでも、愛でも、その炎は燃やすものがある限り、燃え続ける、という意味です。

怒りはこまっちゃいますが、愛ならいいですね!

情熱の火であれば、永遠に燃やし続けたいです☆

 

 

生きるということは、生きたいという情熱があってのことだと思うんですよね。

わたしたちの60兆個の細胞は、生きるために最善を尽くしています・・・それは情熱といってもいいんじゃないかと思うんですよね。

一番身近な大自然は自分自身。

大自然には感動しますね☆

ハレマウマウ&レフア

情熱といえば、やっぱり火山の女神ペレ。

ペレの住むハレマウマウ火口・・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です