今日のマナ・カード: 18番「プエオ」

Aloha! 新井朋子です。

今日も意外と寒かったですね。

それでも春の花が咲き始めて、なんだかワクワクしてきますね。

 

 

さて、今日のカードは「プエオ」。

 

プエオは、ハワイのフクロウのこと。

 

家族や個人を守る一番身近な神様でもあります。

 

 

カードの意味は「導き」。

あなたを導いてくれる神様が、ちゃんとついていますよ、と教えてくれるカードです。

 

 

マナ・カードの表紙にもなっている絵ですね☆

 

 

いまから10年以上前のこと。

 

 

会社をはじめてすぐのころに、ある問題が発生。

そのことで何度も何度もマナ・カードを引きました・・・・

そして、そのたびにこの「プエオ」のカードが出たのです。

 

 

2週間ぐらいの間に、20回ぐらい引いたでしょうか・・・?!

 

 

困っていたんで、しつこいぐらいに引いたってことですね(笑)

 

 

でも、そのたびにこのカードが現れたんですよね。

 

 

そのときわたしは、「ああ、わたしについていてくれる神様が、いま、なんとかしてくれているんだな・・・・でも、答えは教えてくれないのか・・・どうなんだろ・・・」

そんなふうに思いました。

 

 

神様がついてくれているのは、わかるけど、じゃあ、実際はどうなっているの?!

 

 

それが人間の真理ですよね。

 

 

でもでも・・・・

 

 

それが2週間ぐらいしたら、あることがきっかけで、その問題がすーーっと解決したんです!

 

 

そのとき、わたしは、「神様がいろいろ手を尽くしてくれるのに、ちょっと時間が必要だったんだなー」ってわかりました。

 

 

まさに「導き」のカードです!

 

マナ・カード表紙

『マナ・カード ハワイの英知の力』

キャサリン・ベッカー著

ドヤ・ナーディン絵

新井朋子訳

ホクラニ・インターナショナル刊

マナ・カードアカデミー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です