自然療法家のお話 19: シュタイナー医学

Aloha! 新井朋子です。

ハワイ神話と自然療法について、毎日ブログ更新中!

 

『mana*createハワイアン・ジュエリー、アロマペンダント』 はこちらのページです。

 

  *   *   *

 

 

すっかり朝晩冷えるようになりました。

風邪引いてませんか?

マスクをしている人が増えてきましたね。

 

 

そうそう、わたしもそろそろ寝る時にマスクをしようかな、と思っているところです。

喉が弱いので、すぐに喉が痛くなるんですね。

わたしはオーガニック・コットンの布製マスクを愛用しています☆

出張などでホテルに泊まるときは、必須です。

 

 

 

さて、3月からスタートした療法家コース

全20回ですが、すでに12回目がおわりました。

なんだか寂しい~~~。

月に2回、時空を超えた講義に、毎回脳がオーバーフロー。

脳が腫れている感じがするほど・・・です?!

たまに1回目からのテキストやノートを読み返しているのですが、そのたびに新しい発見があるんです。

たぶんその時点では、字面で分かっていても、腑に落ちていなかったんでしょうね・・・。

 

 

 

前回の講義は、シュタイナー医学だけでなく、片桐先生の「講話」(!)の時間もありました。

宇宙について、この世について、生き方・あり方について、広くいろいろなことを教えていただいています。

点と点が結ばれて、「あぁ、そうか~~!!」「わぁ、そういうことなんだ~~!」と、わたしは感嘆詞ばかりを発しています。

 

 

シュタイナー医学については、これまで何をどう学んだらいいのか分からず、手つかずでした。

子どもの教育に関するものだという漠然とした知識だけで、差し迫って必要だとは思わなかったので、きちんと学ぶ機会を逸していました。

でも、今回学んでみて、シュタイナーが、農業、医学、哲学、芸術、教育、霊学などのあらゆる方面において突出した才能を発揮し、ダヴィンチ以上の天才だと知りました。

 

 

シュタイナーは鉄道員の息子として生まれ、決して裕福な家庭の出ではなかったそうです。

努力して学んだ苦労人。

ゲーテに学び、神智学に傾倒しましたが、やがて自ら人智学協会を創立し、人智学という思想運動を展開。

数々の本を著し、数え切れないほど講演をおこない、人々に大きな影響を与えることとなりました。

ドイツにおいて、シュタイナーはあまりにも大きな影響力を持ったために、ナチ党から抹殺すべき敵として見られたほどです。

シュタイナーが建てた人智学を学ぶ総合施設「自由大学(ゲーテアヌム)」は、ナチス支持者によって放火されました。

シュタイナーの大きな影響力に、それほど脅威を感じていたということですね。

これはもっともっと学ばないとです・・・。

 

 

 

シュタイナー医学を理解するには、まずは4つのエネルギーを知ることが重要だそうです。

今回は、その4つのエネルギーについて学びました☆

 

 

●エーテル体

エクスシアイ(太陽神)のエーテル体から作られた、人間のエーテル体。生命体。

無意識、無秩序。(=全てに可能性を開いている)

成長し、保持する力。

記憶の担い手。

水はエーテル体の物質的な表現。

菜食によってエーテル体を得ることができる。

島国(日本)=保守的、平和的、伝統主義。自然と共存。

 

 

●アストラル体

眠っている間に霊界から吸収される。神経を構築。

知覚、感覚。秩序。(=物事を分離し、制限する)

寝るほかに、肉食によってアストラル体を得ることができる。

大陸=革新性、破壊。

 

 

●個我=自我

エクスシアイによって与えられた。

直立する、思考、発話。

個別の意識。

 

 

●物質体

凝固した光(=実態のない多次元ホログラフィー)

 

 

わたしたちがこの世界で現実だと思っている身体 = エーテル体 + アストラル体 + 個我 + 物質体 

 

 

まだまだ表面的な知識で、腑に落ちていませんが、少しずつ学んでいこうと思います。

 

 

EwaBeach4

オアフ島エヴァ・ビーチ。

水は、エーテル体の物質的な表現。

日本は島国で、海に囲まれているから、エーテル体的資質がある・・・。

だから保守的で、変化を好まない。

その一方で、自然と調和する。

日本の風土が、日本人を日本人たらしめているとのこと・・・。

 

 

これって本当にそうだな、と思いました。

例えば、西川ヘレンさんは、日本人にしか見えないですよね。

京都のベニシアさんも、着物を着て京都をあるく姿は、もう日本人です。

そう考えると、ハワイもエーテル体の影響をうけていますよね。

だから同じ感覚で、癒されるんでしょうね。

島国のわたしたちが、より癒されるには、より小さな島に行くことなんだそうです・・・。

わたしはモロカイ島が大好きで、とっても安らぐのですが、納得です(*^_^*)

エーテル体はなんとなく、腑に落ちてきました。。。つづく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.