ALOHAの秘密 55: 親との関係の思い込みを手放す:マナ・カード 19番「オレ」

Aloha! 新井朋子です。

今日も夏らしいお天気でしたね。

うちのベランダも、よしずを立てかけて、夏仕様にしました☆

植え替えたばかりのオーデコロンミントは、数日よしずの内側に置いてから、半日陰で管理します・・・。

 

 

8月から9月は、熱帯産の植物以外の植物にとっては厳しい季節。

とくに植え替えは、植物にとってはかなりのストレスです。

しばらくは明るい日陰で管理してから、半日陰の場所におきましょう。

もちろん風通しのよいところでね(*^_^*)

 

 

 

さて、今日は「親との関係の思い込みを手放す」ことについて。

 

 

ホメオパシーの相談会や、生徒さんとのお話や、友人などの話を聞くなかで、人生のある側面において、いつもうまくいかない・・・そういう話をよく聞きます。

その原因のひとつに、親との関係があるんですね。

 

 

そこに、なかなか気づかないことがあります。

両親が離婚していたり、親の虐待があったり、明らかに親のことで傷ついたことがあれば、本人にも自覚がありますが、ごく普通の家庭だと思っていた場合は、親との関係に問題があるなんて、思ってもみないことなのですね。

 

 

たとえば親がとても厳しい場合、親に愛されたくて、親のいうとおりにしてきたことで、愛には条件があると思いこむ場合もあります。

また、シングルマザーに育てられた子供は、自分のことよりも、まず母親を助けることや、心配させないことを優先するので、人に頼らず何でも自分でやらなくてはならないと思いこむ場合もあるでしょう。

身体の弱い兄弟がいる場合には、兄弟の面倒で大変な親に自分は心配をかけてはいけないと思うと同時に、親は自分のほうを向いてくれないとおもい、自分には価値がないと思い込むこともあります。

 

 

でも、あなたも子どもだったので、それはあたりまえのことだったのです。

子どもは一人では生きていけません。

それがあなたのサバイブする術だったから。

そうやってサバイブしなければ、生きられなかったのです。

大人になった今、そうやって生きてきた自分をほめてあげましょうね☆

 

 

そして、大人になったあなたは、何でも自分で選択できることに気づきましょう。

自分の考え方さえも。

そうなのです!

自分にとって不要な思い込みを手放すことも、大人のあなたなら、いまはできるのです。

ひとりで行うことが難しければ、専門家に相談すればいいのです。

あなたはもう大人です。

まわりに左右されることなく、自由に生きていけるのです。

 

 

「マナ・カード」からのメッセージは「オレ」。

“物語”のカード。

自分の人生のシナリオは、過去も現在も未来も、いつでも自分で書きかえられることを教えてくれるカードです。

 

 

子どものころは、環境に順応して生きるしかなかったかもしれません。

でも、もう大人のあなたは、環境を自分で選ぶことができるのです!

 

 

素晴らしいですね☆彡

 

 

自由なんですね。

 

 

ということは、もう環境のせいにはできない、ということでもあります。

自由には責任がともないます。

あなたの人生のリーダーは、あなた自身なんですね☆

 

 

今日から8月。

夏はこれからです。

これから冬至まで、どんなシナリオでいきましょうか・・・(*^_^*)

素敵な夏を過ごしてくださいね。

 

ストロベリーポット

薬香草園のストロベリーポット

右側にあるのが、ワイルドストロベリー用の、ランナーを、つぎつぎに植えることのできる、特別な鉢なのです。

ハーバリストなら、庭に置きたい!と思うシロモノ。

かつて鉢を焼いて作ったことがあるのですが、わたしは迷いなく、ストロベリーポットを作りました・・・かなり小さなモノでしたけれどね☆

ハーブに凝りだして25年、まだまだこだわりたいですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.