映画『シュガー・ブルース』&『ピーターラビット展』

Aloha! 新井朋子です。

朝晩、秋を感じるこの頃ですね。

みなさんのお住まいのところは、どうですか?

 

 

わたしは朝早起き。

今日は夫も早起きだったので、7時すぎからちょこっと散歩に出かけて、モーニングを食べて帰ってきました。

夏の朝は気持ちいいですね☆

 

 

映画『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』を観てきました。

 

 

チェコの女性映画監督。

3人目の子供を妊娠中に、妊娠糖尿病を告げられ、医者から砂糖をとることを禁じられます。

本当に砂糖が糖尿病に悪いのか・・・?

彼女は自分でいろいろ調べることに。

もともとドキュメンタリー映画監督だっただけあって、自分が直面した問題をカメラで記録していきます・・・。

 

 

最初は自分の家から、砂糖を使ったものを全て排除することからはじまりました。

だんだんと砂糖が人に及ぼす影響、とくに妊婦や子どもに大きな影響を与えること、

砂糖を撮り続けることで製薬会社がもうかる図式、

アフリカの食料支援が実は自立を妨げている負のスパイラルという問題の中に、砂糖が大きな影響を与えていること・・・

つぎつぎと砂糖にまつわる問題を明らかにしていきます。

家族一丸となって、シュガー・フリーを訴える活動を続けています。

 

 

まずは自分の家から。

本当にそうですよね。

 

 

わたしも、あらためて精製された砂糖はなるべく摂らないようにしよう!と思いました・・・・が、映画館を出てすぐにジンジャエールを飲むことに。

さっそく砂糖を摂取 (>_<)

 

 

現代において、かなり意識しないとシュガー・フリーは難しい~~。

 

 

まずは、少しずつはじめましょう。

 

お時間あるときに、ぜひ観てみてくださいね☆

 

 

渋谷アップリンクで上映中。

『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』

 

 

 

bondicoffee1

Bondi Coffee Sandwiches

 

bondicofee2

ゆっくり落ち着けるボンダイ・カフェ。お勧め☆彡

 

 

☆  ☆  ☆

 

さて、ちょうどBunkamuraで、 『ピーターラビット展』を開催中です!

今年は、生みの親ビアトリクス・ポター生誕150年

さまざまなイベントが行われている中、この展覧会は目玉でしょう☆

 

 

先日、ブログでもお知らせしましたが、昔からピーターラビット大好き!なので、前売りチケットを買っていたほど\(^o^)/

 

 

ビアトリクス・ポターが、家庭教師の息子さんが病気だと知り、絵手紙を送りました。

それをきちんと本にして、自費出版したのが「ピーターラビットのおはなし」。

物語も絵も、本人が書いています。

 

展覧会では、たくさんの原画を見ることができますよ!

 

興味のある方は、ぜひこちらもどうぞ♪

 

ピーターラビット展

可愛いグッズも充実。

何か買いたいという衝動にかられ、キャニスター缶を購入。

中にはチョコクッキーが・・・なかなか砂糖から逃れられません。

ピーターラビット展

10月11日まで、Bunkamuraにて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.